眠れない時の呼吸法とは?

眠れない時の呼吸法とは?

眠れない時に眠れるようになる方法があります。それは478呼吸法というものです。これはアメリカの医学博士がヨガを応用し生み出したもので、この呼吸法を行う事で気持ちよく眠る事が出来るようになります。

478とはカウント数の事で、全ての数字を足すと19になります。この呼吸法を何セットか繰り返しているうちに眠ってしまうというものです。

つまり1セットで19秒、3セットやっても57秒なので1分で眠れる呼吸法と言われています。

では具体的にどうやるのかというと、非常に簡単でまず数字の通り4秒息を吸い、7秒息を止め、そして8秒息を吐きます。

これが1セットで何回か繰り返していきます。ポイントは息を吸う時は口からではなく鼻からで、舌の先を前歯の裏側につけた状態で、息を吐く時は口から音を立てながら吐きます。

眠れない時に聞く音楽とは?

眠れない時に聞く音楽とは?

毎日眠れない日々が続くと、眠れないストレスが発生したり日常生活に支障を及ぼす事がありますが、それを解決に導びく可能性があるのが音楽を眠る間際に聞く事です。

アップテンポの激しい音楽を聞いてしまうとテンションが上がって眠れなくなる可能性があり、それとは対極にあるあまり激しくないクラシック・癒しを主眼に置いているヒーリング系の音楽を聞くと眠りに就ける効果があります。

音楽やラジオを聞いている普段の音量で眠りに就こうとすると、聞き入ってしまう可能性もあるので、少し音量を下げて30分程度のスリープモードに設定して聞く事をおすすめします。

同じ音楽で飽きる場合は、複数のCDを買って気分転換を行う事も大切と言えます。

眠れない時に避けたい行動は?

眠れない時に避けたい行動は?

眠れない時に避けたい行動は、コーヒーを飲むことです。と言うのも、コーヒーの中には、カフェインが含まれているからです。

カフェインは、睡眠を妨げることで知られています。眠れない時にカフェインを摂取してしまうと、目が冴えてしまうことがあるのです。

眠れない時には、カフェインの入った飲み物を飲むことを避けたいものです。カフェインが入っている飲み物は、コーヒーだけではありません。

コーヒーの他にも、紅茶やジャスミン茶など、カフェインの入っている飲み物もたくさんあるため、飲み物を飲む時には注意が必要です。

眠れない時には、カフェインを摂取しないように心がけておくことが大事です。眠る直前にカフェインを取ることは、避けたいものです。